痛風の栄養

プリン体や塩分を含む食品を大量に食べると痛風などの病気になります。それらは体内に蓄積し、関節の殻の表面に尿酸塩の結晶を形成するのに貢献します。これは、移動するときに激しい痛みの発作を引き起こすものです。

徒歩で痛風を食べる方法

もちろん、最適な食事は痛風の臨床症状を軽減しますが、代謝が乱れると病気が完全に消えることはありません。適切な栄養は治療法の半分であるため、痛風で食べることができるすべての食品は患者の食事療法でなければなりません。

痛風のためのあなたの毎日の食事から避けるべき食品

痛風の場合、患者はまず第一に、あらゆる種類の燻製肉、あらゆる種類のソーセージ、塩、豆類をあきらめなければなりません。脂っこい肉製品、特に若い動物の肉や魚は食べられません。

きのこやラードなどの重い食べ物は完全に捨てる必要があります。痛風では、さまざまな調味料や辛いスパイスで食べ物に風味を付けるべきではありません。この場合、例外は月桂樹の葉とテーブルビネガーです。さらに、患者は強いアルコール飲料、チョコレート、ココア、強いお茶とコーヒーをあきらめなければなりません。塩辛い品種のチーズも、病気の悪化の発症に寄与する製品のリストに含まれています。さらに、肉で調理された濃厚な肉汁とスープをあきらめる必要があります。

痛風のために限られた量で許可されている食品

痛風のある患者は、一部の製品でメニューを薄めることができ、消費量を厳密に制限します。これらの食品には、低脂肪乳とバターが含まれます。確かに、それらはメインディッシュへの添加物として、例えばお粥にのみ使用することができます。茹でた鶏肉や魚も注意して使うことができますが、鱒や鮭の方がいいです。適度に、トマト、普通のカリフラワー、あらゆる野菜、ジューシーな大根を食べることができます。果物から、あなたはプラムに非常に注意する必要があります。

痛風で何を食べますか?

痛風の患者のメニューは何で構成する必要がありますか?まず第一に、それは野菜のスープが豊富でなければなりません、それはまた、シリアル、低脂肪の魚、ウサギの肉、シリアルとパスタ、ヨーグルト、サワークリーム、チーズなどの低脂肪の乳製品と一緒にすることができます。恐れることのない食べ物は、黒と白のパンでつかんだディルで味付けすることができます。動物性タンパク質は植物性タンパク質に置き換える必要があります。

卵は食べられますが、1日1個までです。メニューには、禁止されているものを除いて、どんな野菜でも補充することができます。青リンゴだけでなく、ラズベリー、オレンジ、みかんを除くすべてのベリー。レーズン、蜂蜜、ナッツ、種子を除いて、ドライフルーツは非常に便利です。お菓子からマシュマロ、マーマレード、ジャムが楽しめます。食品はバターと植物油の両方で調理できますが、豚肉や羊肉などの耐火性脂肪は完全に廃棄する必要があります。

飲み物に関しては、緑茶、ミルクまたはレモン入りのお茶、ジュース、有用な植物の煎じ薬を優先する必要があります。さらに、フルーツドリンク、クワス、さまざまなフルーツやベリーのコンポートを飲むことができます。特殊なミネラルウォーターの便利なアプリケーション。

痛風の荷降ろし日

痛風では、定期的な断食日を実施することが推奨されることを覚えておく必要があります。同時に、一日中食べることができるのは1種類の野菜だけです。たとえば、ジャガイモや青リンゴに限定します。日中に1つの商品だけを食べるのが難しい場合は、数種類の野菜や果物を混ぜてサラダの形で食べることができます。乳製品、ケフィア、カッテージチーズの食事を選ぶこともできます。同時に、代謝プロセスのさまざまな側面がアンロードされます。これは痛風の患者にとって非常に重要です。

断食の日には、ライスアップルダイエットを使用できます。これを行うには、75グラムの米をミルクで沸騰させ、少しずつ取ります。その間に、生のリンゴとコンポートの形のリンゴの両方を食べることができます。ちなみに、その数は250グラムを超えてはいけません。そして、コンポートを準備するときは、砂糖を完全に捨てなければなりません。

患者は対照的な断食日を実施することが推奨されていますが、完全に空腹の日は禁止されていることに注意してください。また、体内への食物摂取が完全に停止するため、尿酸が血液に急激に添加されるため、治療的飢餓のコースを調整することは不可能です。その結果、痛風の発作が始まります。

痛風のメニューをコンパイルする機能

痛風のある患者には、次のような毎日の食事をお勧めします。

朝食は常に野菜サラダ、おいしいにんじんりんごのプリン、卵1個、弱いお茶で構成する必要があります。2回目の朝食には、ローズヒップベリーの無糖コンポートを用意できます。昼食はパスタ、シンプルなポテトパンケーキ、ゼリー入りのミルクスープでなければなりません。昼食後は、新鮮なリンゴを食べることができます。そして夕食にはチーズケーキ、肉のないキャベツロールを楽しんだり、弱いお茶を飲んだりすることができます。寝る前に、小麦ふすまを使って煎じた煎じ薬を飲んでください。

痛風の食事は独特の構造を持っていることを強調する必要があります。それは、野菜のスープ、ミネラルウォーター、あらゆるコンポテトとフルーツドリンク、絞りたてのジュースとゼリー、果物と野菜の形の液体と半液体の食品によって支配されるべきです。一般的に、1日あたり2〜3リットルの水分を飲む必要があります。また、断食中は、最大2kgの野菜を食べることができます。

痛風のある患者のためにメニューを編集するときは、他の慢性疾患の存在を考慮することが重要です。したがって、たとえば、患者のコレステロールが高い場合は、卵黄をまったく食べないようにし、糖尿病を患っている場合は、小麦粉とベーカリー製品を限られた量で摂取し、砂糖とお菓子を完全に除外する必要があります。

多くの場合、痛風は肥満と組み合わせて発生します。そのような場合、特別な食事療法が処方され、医療専門家によって食事療法第8号と呼ばれます。それは肉や魚の消費を大幅に排除し、週に4回までの頻繁な断食日を意味します。また、一般的に痛風患者は体重が多いため、頻繁な発作のリスクが高まるため、体重を減らすことをお勧めします。しかし同時に、減量はあまり急激であってはならず、スムーズにそしていつの間にか起こるべきです。

そしてもちろん、痛風では、治療の成功はその複雑さに依存することを覚えておく必要があります。したがって、体のすべての特性を考慮して、正しく選択されたとしても、1つの食事に限定されるべきではありません。さまざまな理学療法の使用を勧めることができます。また、体を強化するために非常に重要な理学療法の練習を行うこともできます。確かに、これの前にこれを医者と話し合う必要があります。

しかし、患者が病気の悪化の期間を持っている場合、手順は禁止されています。そのような瞬間には、体を休めることをお勧めします。温かい温かいお風呂と湿布を使用して、暖かくしてください。通りを歩くことは、食べる前や食べた直後など、体に有益な効果をもたらします。

そして間違いなく、あなたが時間内にあなたの健康に注意を払い始めれば痛風を制御することができることを常に心に留めておくべきです。医師とのタイムリーな相談、現代の医学および理学療法の治療、適切な食事-そしてあなたは何年もの間あなたの病気を忘れ、あなたは完全な、絶対に普通の生活を送ることができるでしょう。